Egyptian Food

エジプト料理と言えば、有名なのが「コシャリ」(あくまでB級ですが・・・)。今回の旅行では、このコシャリを2回食べる機会がありました。1回目は、町の中心を一人で歩いているときに何気なく入った店で食べたもの。2回目は、現地の友達にジモピー(死語?)に最も人気のあるコシャリ屋さんに連れて行ってもらったときに食べたものです。

一応コシャリを知らない人のためにコシャリの説明。コシャリとは炭水化物をこれでもか!と入れた料理です。ご飯、色んな種類のスパゲティ、マカロニをベースに豆やトマト味のソースを混ぜ、一番上にカリカリに揚げた玉ねぎのかけらをパラパラと乗せて出来上がりです。

何も判らずに一人で入った店で食べたコシャリは、味も薄くあまり美味しくなかったのですが、ジモピーに教えてもらって入った店で食べたコシャリは絶品でした。若者向けに少し濃い目の味付け、ご飯とパスタの適度な量、そして何と言っても上に乗っているカリカリ玉ねぎの美味しいこと。あまりの美味しさに、現地の友達が半分も食べ終わらないうちに完食してしまいました。

さて、どちらがどちらのコシャリでしょう?
a0090924_221415.jpg

a0090924_2223647.jpg

しかしこの人気のお店、日本人には想像できないぐらいのスンゴイ混みよう(2階建てなのですが、とにかく足の踏み場も無いぐらい人であふれていて、席を立つ客がいようものなら、周りに立って待っている客全員がわれ先にとその席を巡って押し合いへし合いの死闘が繰り広げられるのです)で、現地の友達がいなければ、食事にありつくまでに絶対1時間以上かかったであろうぐらい混んでました。
[PR]