Ibb, Yemen

先日、サナアから車で南へ4時間ぐらい行った所にある「イッブ」と言う所へ行ってきました。イッブは、イエメンでは緑の多いことで有名な場所です。この写真のような、この世の楽園のような(言い過ぎ?)景色を見ることができます。砂っぽいサナアとはえらい違いです。

まあ、サナアはサナアで良い所はいっぱいあるんですけどね。

a0090924_5152871.jpg




ちなみに、この写真の下の平原に群がるブツブツ、何だか分かりますか?


a0090924_517288.jpg

これは羊たち(山羊たちかも?)が草を食んでいる光景です。日本ではなかなか見ることができないノンビリとした風景に心も和みます。羊飼いのおばさんと子供が向かい合って、何かしています。裁縫か何かしているようにも、あやとりでもしているようにも見えます。平和な風景です。


さて、イッブに1泊した次の日の朝。早朝にホテルを出てイッブ市外へ。イッブ市から西の方へ行く道は、山をクネクネ下っていく道なのですが、わずかの距離の間に標高2,000mぐらいから一気に500mぐらい下って行きます。さあ、これから山道を下るぞ!という場所に着いたときに、

「あっ!」、と驚きました。



a0090924_5282948.jpg

雲海です。こんな濃い雲海は、初めて見ました。さすがに一緒にいたイエメン人たちにも珍しいのか、パチパチと写真を撮っていました。


この雲海の中を車で下りて行ったのですが、すぐに車は濃い霧の中へ。10m先もまともに見えないような状態でした。良くこんな所運転できるなぁ、と思いながらドライバーに感心感心でした。


いやぁ、しかしすごい雲海初体験でした。

a0090924_533973.jpg

[PR]