Dance Party in Yemen

先日、当地サナアにあるフランス文化センターで、ドイツから来たDJを招いてのダンスパーティーがあったので、ちょっくらのぞきに行ってみた。

この女性DJは、ヨーロッパ音楽(テクノ?)とオリエンタル・ミュージックの融合を売りにしているとか。

行ってみると、テクノだとかオリエンタルだとか言っていながら、会場からはなぜかマイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」が大音量で流れていた。

その後もシャキーラとか50centとか、ヨーロッパとかオリエントとは全く関係の無い音楽が続く。

そして、盛り上がりはイマイチ・・・。



しかし、急にアメリカ音楽に変わってアラブ・ポップスが流れ出した途端、全員がすごい盛り上がりになり、みんながダンスフロアになだれ込んだ。

a0090924_5472843.jpg
このように観客はノリノリで飛び跳ねていました。

この勢いに負けて、僕も一緒に行っていた日本人の友人も、イエメン人に混ざって踊ってきました(もちろん写真は無いです)。


a0090924_550444.jpg
そんなこんなで、なかなか楽しかったです。



最後に、ステージで司会者が客にお礼を言っていた時に、記念にパチリと1枚。

a0090924_5525733.jpg

左で手を上げている人は、イエメン人のラッパー。

その他の人は、おそらく何かの関係者かタダの観客です。

そして、ラッパーの右にいるのは・・・、


a0090924_555048.jpg

・・・・・、ウォーズマンではありません。
[PR]