Asalah's Concert under Terrorism Attack

さて、懸案のアサーラのコンサートですが・・・


実はコンサートの数日前に、イエメンの過激派思想を持つ人物が、このイベントに対する爆破テロ予告をしていました。

「女が人前でちゃらちゃらと歌って踊るこんなイベントは、コーランにも反するし、そもそもイスラムの精神に反する。こんなイベントに参加するべきではない。」と言うのです。

何をタリバンみたいなことを言ってんだ。イエメン人だって男女問わず歌って踊るじゃないか!と、僕はこの記事を見て気分を害していました。

過激派によるこの脅迫は新聞紙上でも大きく報道され、この過激派の意見に反対する記事も多く載せられていました。

「コーランにそんなことは書いていないし、イスラムの精神にも反しない。こういうイベントを行っていくことは、イエメンの観光業の発展にも役立ち、それゆえイエメンの経済発展にも繋がる。」


まさにその通り。

僕だってこのイベントの話を聞いてアデンへ行こうと考え、観光客がアデンへ来れば、アデンのホテルに泊まり、レストランで食事をし、ビーチでシーシャを吸うわけです。つまり観光客は、イエメンの(この場合はアデンの)経済を少しでも潤すわけです。

そうやってイエメンの経済を発展させていこうと、みんなが頑張っているのに(まあ、ただの金儲けじゃないの?という疑問は置いといて)、過激派というのはほんと厄介な存在です。


コンサート前日のインタビューで、アサーラは「私は過激派の脅迫には屈しない。私は、明日私がやるべきことをやるだけ。」と言って、脅迫があったからといって逃げ出すようなことはしませんでした。

こんな臆病者の過激派の脅しに怯えることなく、イベントが成功して(・・・成功と言うか、とりあえず無事終わることができて←まあ詳しくは次回)、本当に良かったと思います。

a0090924_2395954.jpg

というわけで、アサーラのコンサートの様子は、次に書きますね。

お楽しみに♪
[PR]