What comes after the rain??

今日、今年に入って一番の雨がイエメンの首都サナアを襲いました。



a0090924_1465755.jpg

昼過ぎに突然降りだした大雨。

雨は途中で雹(ヒョウ)に変わり、ものすごい音で地面をたたきつけていました。

もちろんこんな雹が降る中、外には出れません。怪我をしてしまいます。

雹が止むまで、屋根のある建物の中で待機です。



待つこと約30分。

ようやく雹が止み、雨が小降りに降っている状態になりました。

外に出てみると、案の定、道という道が洪水状態になっていました。



a0090924_23467.jpg

みな、雹が降りだして大慌てでとりあえず駆け込んだ店の前で立ち往生です。

道はどこもかしこも、汚い泥水で溢れかえっています。

-------------------------------------------

世界遺産で有名なサナア旧市街方面へ行ってみました。

旧市街には、雨が降った後に水が流れ込むサイラ(どぶ川?)という場所があります。

雨が降らない時は、そこは普通に車の通る道路として使われているのですが、

雨が降ると、さてどうなるのでしょう?



a0090924_210132.jpg

・・・こうなります。

まさしく「どぶ川」です。

しかし、なぜかバイクのライダーはうれしそうです。

そうなんです!

雨が降ってどぶ川に水が溢れかえると、ここはイエメン人たちの格好の遊び場になります♪



a0090924_2201314.jpgいつもやんちゃな男の子たちも、


a0090924_2203689.jpgいつもはおしとやかな女の子も、


a0090924_221418.jpgそして大の大人に至るまで、みながみな思い思いに、どぶ川ではしゃいで水遊びをします。



この乾燥しきったサナアでは、雨は神の恵みです。

今年は4月に1回か2回だけ雨が降りましたが、その前に雨が降ったのは去年の9月か10月頃までさかのぼります。

つまり、ここサナアでは半年以上雨は降ってませんでした。

雨が降ると、みんな喜びます。

日本で良い天気というと、ピーカンに晴れた快晴のことですが、サナアで良い天気というのは、雨のことです(厳密には、雨が降った後の少しひんやり湿った天気です)。



a0090924_2371227.jpg

今日のサナア旧市街は、遅くまで騒がしいことでしょう。
[PR]