Al-Saleh Mosque

a0090924_1503697.jpg

「アッサーレハ・モスク」

それが、現在建設中のこの巨大モスクの名前です。

イエメンの首都サナア市内南部、サバイーン公園のある辺りにあります。

まだ建設中なので、入ることはできません。

たとえ完成しても、イスラム教徒以外の人が入れるかどうかは分かりません。

エジプトやトルコや他の国では、宗教に関係なくモスクを見学できるのですが、イエメンは違います。

たま~に入れるところがあるぐらいで、基本的には入れません。



a0090924_15533100.jpg

この写真は去年の2月に撮ったもの。

いつまで経っても工事が進展しないので、「このモスクはいつになったらできるんだ」、「あと10数年は完成しないだろうよ」、などと口々に揶揄されていましたが、こうして見ると工事は順調に進んでおり、もうそろそろ完成しそうな雰囲気になってきました。

もちろん工事に着手したのはさらにその数年前でしょうから、5年がかりぐらいなのでしょうか。



a0090924_159263.jpg

このモスクは、「アラビア半島で5本の指に入る」大きさのモスクだと言います。
(「アラブで」じゃなくて「アラビア半島で」というところが何とも中途半端です。)

確かにかなり立派なモスクです。しかし国民の評判は良くありません。

「こんなものに多額の税金を使うぐらいなら、人々の生活を何とかしてくれ!」と言うのが一般庶民の心情です。

話では、このモスクの建設には2千2百万ドル(23億円以上)の資金が投入されているようです。

イエメンは世界の中でも最貧困国で、UNDPの出す人間開発指標でも世界177か国中153番目に位置し、バングラデシュやスーダン、東チモールよりも下に位置します。

ただでさえ、小麦の値段を初め日々の食料の値段がどんどん上昇して、国民の多くがその日の糧を得るのに必至になっている横で、こんな豪華で巨大なモスクが自分たちの税金を使って立てられているんですから、そりゃあキレますよね。

サーレハ大統領、表面上はともかく、実際の国民の支持率が低いのもうなずけます。

なにはともあれ、こんなに立派なモスクなのですから、工事が完成したら是非イスラム教徒以外の外国人観光客にも一般公開して欲しいものです。
[PR]