Tokyo Taro


「東京太呂」

オマーンの首都マスカットにある、ただ一つの日本人経営の日本料理屋の名前である。

(日本人がやっていないエセ日本料理屋みたいなのは、他にもあるらしい。)

オマーンに着いた2日目に、試しに行ってみた。



a0090924_6291161.jpgこのレストランは、マスカットのルイというエリアにある「アル・ファラジュ・ホテル」の中にある。

エレベーターを降りると、こんな入り口が待っている。

なんだか、日本のデパートの高層階にあるレストラン・フロアに来たような感じがする。

早速、店内へ。




a0090924_6354338.jpg僕は一人だったので、カウンター席へ。

オマーンの半月刀ハンジャル(イエメンではジャンビーヤ)とコーヒーポットのあしらわれた、可愛いロゴが目を引きます。

そして何よりも、そっと出されるおしぼり

暑いマスカットでは重宝されるし、日本的で大好きです。




a0090924_6391769.jpgカウンターの向かいの席では、オマーン人夫妻が鉄板焼きを頬張っていました。

しかも、ちゃんとお箸を使っていました。

アラブ人がお箸を使っている姿・・・、これはなかなか見れません。


そんな珍しい光景を見つつ、僕も待ちきれずに早速注文。




a0090924_6411876.jpgまずは、

ビール枝豆

これが無いと、居酒屋気分は始まりません。

しかし、なぜかここには日本のビールが置いてありません・・・(涙)。

なので、枝豆とドイツビールです。

この枝豆が、ホクホクで塩味も効いてて美味しかったです。




a0090924_6441383.jpgそして、メインは、イエメンでは食べることの出来ない「とんかつ」。

中はジューシー、衣はさくっとしており、絶妙のお味♪

イエメン人の皆さん、スミマセン。でも、やっぱり豚は美味しいです。
[PR]