カテゴリ:恐るべし、イエメン・・・( 14 )


先日、サナア最大のスーパーマーケット「シュメイラ・ハーリー」で買い物をしていた時のこと。


a0090924_5141086.jpg

お菓子を買って、ジュースを買って・・・、

ん!?

なんか、見覚えのあるデザインの瓶だな。

なんだっけ、これ?



a0090924_5161982.jpg

!!!!!

スタバのフラペチーノだ!!

(ちなみに、イエメンにはまだ「スターバックス」の店はありません。)

ついにスタバもイエメン上陸か!?



・・・・・、ということは、アレはどうなるんだろう?

いや、アレと言えばアレですよ。

これまでサナアのオシャレカフェとして君臨してきた(?)、あのスタバですよ。



a0090924_5245432.jpg

「スターバニー・カフェ」

略して「スタバ」(笑)。

さすがに本家のスターバックスがイエメン市場に参入してきたら、このエセスタバの存在が本家にバレるのも時間の問題。

ということは、この店もそろそろ潮時なのでしょうか。



a0090924_527986.jpg

それにしても、このロゴ、似すぎ・・・。
[PR]
a0090924_4323091.jpg

週末。

シバ・ホテルの中庭にて。

サナアの町の中心にある高級ホテルです。

去年まではタージ・シバホテルという名前のインド系ホテルだったのですが、インドのホテルチェーンであるタージ・グループがこのホテルの経営から撤退し、現在では頭に付いていた「タージ」を取ってシバ・ホテルとなってます。

こんな所でノーンビリする贅沢な週末。

そんな所で新聞を読んでいたら、こんな記事を見つけました。



a0090924_4383678.jpg

「スイカが原因で、一人が殺され一人が刑務所に。」

何の笑い話かなと思いつつ読んでみると、結構恐ろしい話でした。

イエメン南部のタイズ州にて起こった実際の事件です。



ある店で、一人の男がスイカを買って帰りました。

その男が家に帰って、家族で食べようとスイカを細かく切ってみると、なんと内部が腐っていました。

「こんな腐ったスイカを売るなんて、なんて奴だ!」

とその男は怒って、新鮮なスイカと交換してもらうためにスイカを買った店へ急いで戻った。

「ここで買ったスイカが腐ってたぞ。これを見てみろ。新鮮なスイカをよこせ!」

すると店の人は、

「こんなに細かく切ってなかったら新しいのと交換してあげられたけど、こんな状態になってしまったら交換なんて出来ないよ。」

と新しいスイカに交換するのを断った。

「なにを~!!!」

それを聞いて逆上した客は、拳銃を持ち出して、店の男の頭をぶち抜いてしまった・・・。

その後、警察がその男を捕まえ、その男は刑務所に。



という悲しい話でした。

スイカ1個ごときで人殺しが起こってしまう国、イエメン。

普段はとーっても良い人たちなのですが、キレルと怖いイエメン人。

銃を持っているイエメン人は怒らせないのが一番です。
[PR]
イエメンの美容室。

a0090924_14234675.jpg

a0090924_14364641.jpg

a0090924_14414011.jpg


それぞれの絵の上には、

「洗練されたテイストを持つ美容室」

と、書いてある。



・・・、それで良いのか、イエメン人よ!
[PR]
追伸:

前に、物産展で「Hugo」ならぬ「Uhgo」という香水を見つけたと言う話をしましたが・・・、

また「Hugo Boss」の偽物を見つけてしまいました。

↓こちらです・・・


a0090924_3301212.jpg


今回のブツは、「Boos」という名前でした。

しかし色んな名前を思いつくものです。

想像力は豊かなようです・・・(え?そういう問題じゃない?)
[PR]
サナアの南方ハッダ地区の一画に、比較的新しくオープンしたレストランがある。

その名も「Garden Take Way」。

なんか微妙な名前・・・。

a0090924_547393.jpg


このレストラン、なかなか面白いのです。

何が面白いかって?


メニューが面白いんです。


って意味が良く分かりませんよね、たぶん。

なので、ここでご紹介します。



a0090924_5502554.jpg

さて、これは何でしょう?

「Btzaa」


なかなか発音が難しそうですが、

「ビトゥザア」、「ビザア」、・・・「ピザ」です(笑)。



a0090924_555019.jpg

さて、これは何でしょう?

「Sturpary」


これも発音が難しいですねぇ。

「ストゥーパリー」、「ストゥルパリー」、・・・「ストロベリー」でした(笑)。



さあ、コツが掴めましたか?

それでは、ここで質問!

この↓メニューは何でしょうか?

a0090924_5592923.jpg

「Burjr」・・・
[PR]
先日ここサナアであった、アラブの物産展(?)に行ってきました。

サナアには、サナア・エキスポ・センターという場所があって、そこでは今回行ってきたような物産展や国際ブックフェアなどが行われています。

a0090924_6264273.jpg

まあ、日本で言うと幕張メッセみたいな感じでしょうか(知ってる人からは「全然違ーうっ!」という突込みが聞こえてきそうですが・・・)。

物産展にはイエメンのものだけじゃなく、シリアのオリーブ石鹸やイエメンには無いようなオシャレなアクセサリーなど色んな商品が所狭しと並んでおりました。

a0090924_6272465.jpg

写真からも分かるとおり、女性客も大勢詰め掛けていました。



そこで、香水を売ってる店を見つけました。

香水と言っても、アラブに良くある香油みたいなんじゃなくて、空港の免税店で売ってるような普通の香水屋さんです。

見たことのあるような香水がいくつか並んでおり、その中には有名な「ヒューゴ・ボス(Hugo Boss)」もあった。

いくらぐらいで売ってるのかな?と興味半分で手に取ろうと近づいてみると、


a0090924_629323.jpg


「UHGO」・・・(なんて読むんだ、コレ・・・)。

おいっ!やっぱり偽物かよっ!!

そこにあったのは、「ヒューゴ」では無く、「ウフゴ」でした・・・。



「まさかっ!!」と思って、その隣を見ると、見覚えのある「ケンゾー(KENZO)」の香水が。


a0090924_16202725.jpg


「あ、偽物はヒューゴだけだったのか。」と思ったのも束の間。

良く見ると・・・、


a0090924_635140.jpg


「ZENZO」、ゼ、ゼンゾー!?

こんな大規模な物産展でも偽物を堂々と売るアラブ人・・・。

う~ん、恐るべしイエメン・・・。
[PR]
今回は、アデン旅行中に見た面白看板特集です。


まずは、これ。
a0090924_4534592.jpg

"ENTER NET"...

たぶん"INTERNET"のことだと思うんですが・・・。

まあ、でもひょっとしたら、それはもちろん知った上で、"ENTER(入る)"と"NET(インターネット)"を上手に組み合わせたひねり技なのかもしれません。

「ネット屋だよ!入って!」みたいな感じでしょうか・・・。



そして、これ。
a0090924_4574943.jpg

"Lord of the Net"...

「なんか聞いたことのある名前だな」と思われた方、ご想像通りです。「ロード・オブ・ザ・リング」ですよね(誰でも分かるって?)。

すごいセンスですよね。たぶんオーナーが、映画"Lord of the Ring"の大ファンだったんでしょうね。


しかし、映画の写真も堂々と載せているところが怖いもの知らずと言うか・・・、


そのまんまパクったって感じです(笑)。
[PR]
a0090924_181743100.jpgこれ、何の写真だか分かりますか??

これは、深海でアッラー(神)へのお祈りをするイスラム教徒の写真です!


いえいえ、これ別にギャグの写真じゃないんです。

イエメンの政府系新聞のラマダン特集に、普通に載ってた写真です。

新聞の記事を簡単に訳すと、以下のような感じでした。

「彼は仕事でこのような深海にいるにもかかわらず、アッラーへのお祈りを欠かさない。

この写真の彼のように、どこにいてもどんな状況下でもアッラーへのお祈りを忘れてはならない。

アッラーへの畏敬の念は何にも増して大事である。」


ちょっと極端な気もしますが・・・、いやいや、相変わらず恐れ入ります。
[PR]
カマラン島旅行の核心に入る前に軽~く一発。


カマラン島旅行中に友人が取り出した電池。

一瞬、普通に「東芝」の電池かと思いきや・・・


a0090924_5531056.jpg


トーセバ!?

恐れ入りました・・・。

まあ、これは「恐るべし、イエメン」と言うよりも、「恐るべし、中国」なんだけどね、実は。


次回はちゃんとカマラン島のきれいな写真をお見せします☆
[PR]
こないだ甘いものが欲しくてチョコレートでも買おうと思って、家の近くの店に行ってきました。キットカット(Kit Kat)のようなのを買おうと思い、ショーウィンドウを覗くと・・・、


a0090924_16253528.jpg


「kat kat tat」

「Milk Tat」

・・・・・。


即、購入しました(笑)。


食べてみると、「MilkTat」の方は本家と似たような味でなかなかイケたのですが、「kat kat tat」の方はこの写真にある周りのパイの部分がパサパサで、しかもチョコレートが少なくて、あんまり美味しくなかったです。

食べてから気付いたのですが、パッケージの裏を良く見ると、これどうやらイエメン製品ではなくて、トルコ製品のようです。ひょっとしてトルコ語で「Tat」ってチョコレートとかって意味なのかなぁ、と勝手に想像してみました。
[PR]