<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0090924_1421340.jpg

ついにイエメンにも、オシャレで美味しいファーストフード店が上陸です!!


その名も、


「Hot & Crispy」


なんとも期待をそそる、美味しそうな名前です。


早速、店内へ。




a0090924_14255491.jpg
店内は小ぢんまりとしていますが、きちんと清掃が行き届いていて、なかなか清潔な印象を受けます。

店員のユニフォームも、きまっています。

注文をしに、カウンターへ。




a0090924_14304622.jpg
マクドのバリューセットみたいに、いくつかのセットメニューがカウンターの後ろの壁に張ってあるので、それを見ながら注文です。

ピザにハンバーガー、サンドイッチにフライドチキン、と何でもあります。


そして、何と言ってもここの一番の売りは、その多様なフライドポテトにあります。

普通のフラポ、ざく切りフラポ、カーリーフライ等々、全部で5種類の中から選べます♪

とりあえず、僕はチーズバーガーカーリーフライを頼みました。

ちなみに、2階は女性専用フロアになっております(実際に2階に行ったことないので分かりませんが、この手前に写っている女性が階段を上って行きました)。




a0090924_14514540.jpg

10分ほど待って出てきたのは、これ↑です!

なかなか美味しそう♪

ってか、カーリーフライなんてオシャレなものをイエメンで見たのは初めてでした。

ハンバーガーを食べてみると、まあまあ美味しいです。

カーリーフライはアメリカで食べていたのと大差ない味でした。

これで約300円ぐらいでした。

大満足♪

今後、ランチにスナックに足繁く通うことになりそうです。
[PR]
a0090924_432139.jpg

イエメンはマンゴーの季節です♪


街中のジュース屋さんは、これでもか!とマンゴーを吊り下げまくります。


マンゴーの甘~い匂いに誘われて、足は自然と店内へ。




a0090924_435035.jpg

店の中はすでに客がいっぱいいたので、道に面した外の席へ案内されました。


原宿か表参道にあるオシャレカフェのように、道行く人々を見ながら美味しいジュースを楽しめる、ある意味「特等席」です。




a0090924_4385043.jpg

えっと・・・、


普段は道行く人々を優雅に眺めながらジュースを飲めるのですが、今日は吊り下げられたマンゴーが邪魔して、道路を見ることが出来ません。


と言うか、吊り下げられたマンゴーがテーブルの上まで垂れてきていて、かなり邪魔だし・・・。




ちなみに頭上を見上げると・・・、



a0090924_4421661.jpg


やはりマンゴーでした(笑)。


今日はマンゴーの夢を見そうです・・・。
[PR]
a0090924_1641764.jpg

ここはどこでしょう?

特に何の変哲もない、小さな村に見えます。

いや、確かに小さな村なのですが・・・、

ここは、ライマ州の州都のアル・ジャビーン市です。

一応、州都の中心部です。

兵庫県で言うと神戸の三ノ宮辺りです。



ライマ州と言うのは、数年前にイエメンの首都のあるサナア州から分割されて出来た新しい州です。

だから州都のアル・ジャビーン市と言えど、数年前まではただの辺境都市でした。



ただ、このアル・ジャビーン市、普通の町とは違う点があります。

それは、山の頂上にあると言うことです。



a0090924_16121623.jpg

地元の人曰く、海抜2,500mだそうです。

なので、眺めは素晴らしいです。

今はまだ雨が降ってないので段々畑も砂色ですが、夏の雨季の頃やその直後は緑の絨毯に覆われることでしょう。



a0090924_1615830.jpg
道中の景色。

険しい山肌を削って道を作った感じが、日本の山道を思い出させます。

この辺りは意外と緑も多いです。




a0090924_1617347.jpg
さすがに標高2,500mにもなれば、自分のいる近くにすら雲がかかります。

というか、眼下に雲が広がります。




この辺りは、(イエメンでは)有名なブラ自然保護区にも近く、緑の山が広がる何ともイエメンらしくないエリアです。

雨季の頃に、もう一度来てみたいと思いました。

3連休ぐらいあると、ノンビリ来れるなぁ・・・。



a0090924_16194290.jpg

[PR]
イエメン東部にあるハドラマウト州の州都「ムカッラ」。

そのムカッラから北東方面へ1時間ほど車で行ったところに、「ゲイル・バーワジール」という町があります。

特に何も特徴のない町なのですが、ここにとある博物館があります。



a0090924_6154715.jpg

「Cultural Center for Educational and Development Activities」

日本語に約すと、「教育と開発活動のための文化センター」と言ったところでしょうか。

昔ここは、イスラム教の学者たちが色んなところから集まって勉学に励んでいた場所だったのですが、現在は博物館となっており、万人に開放されています。

おそらく、日本人でこんな所まで着た人は、あまりいないんじゃないでしょうか。



a0090924_6192739.jpgこれは博物館の入り口の扉。

何か装飾も凄くて、侵入者を威嚇するかのように鋲みたいなものがたくさん付いています。

・・・、ごついです。




a0090924_6195618.jpg中に入ると、白い柱の装飾も格調高く、なんだかヨーロッパの宮殿のような感じです。

建物の内部には、パティオのような中庭があります。




a0090924_626221.jpg展示もなかなか面白く、昔の写真やら展示品が飾られているのですが、

←これは昔のシーシャ(水タバコ)です。

とっても素朴なつくりです。




a0090924_6264565.jpg上のシーシャが、昔実際に使われていた証明写真。

中庭で何かの作業をしながら、プカァ~とふかすシーシャ。

僕の勝手な想像ですが、のんびりしてそうです。




様々な展示を見ていると、係員がこちらを呼びます。

「こっちへ来い!お前の国のものがあるぞ!」

へ?こんな所に日本のものが?と驚きつつ、そちらへ行くと・・・、



a0090924_6335643.jpg

え!?こ、これは・・・、

日本のお札!?

そのお札には「10 Dollars」と書いてあったので、

「これは日本のお札じゃないよ~!!」

と係員に言ったのですが、良く見るとその上には、「The Japanese Government」ときっちりと書いてあります。

これはどういうことなのでしょう?

第2次大戦後の米軍統治下で発行されたお札とかなんでしょうか?

誰かご存知の方!ぜひ教えてください!!

(しかし、こんな所まで来て、日本のお札を見るとは夢にも思わなかった・・・。)


a0090924_6373122.jpg

[PR]
前回、サナアで大雨が降った後に、イエメン人が喜びはしゃぎまわる光景を紹介しましたが、

車を運転する人にとっては、大雨の後は結構大変です。

なんせ街中が大洪水になりますから・・・。



a0090924_5105779.jpgこんな光景や、




a0090924_5115872.jpgこんな光景は普通に見ます。

でも、このブログを読んでいる目の肥えた方々は、こんなことでは驚かないですよね。

そういえば、前にも関連の記事を書いたことがありました。




イエメンで大雨が降ると、アスファルト舗装の小さな穴から水が入り、アスファルトの道路が陥没して、そこら中で道がボコボコになります。

その結果、こんなことになってしまいます。



a0090924_5174370.jpg

雨で道がボコボコになり、そこら中で道が陥没します。

そしてたちの悪いことに、雨水がその陥没に溜まってしまうので、どこが陥没しているのかが運転していて分かりません。

そうすると、水の溜まった陥没しているところにタイヤがはまってしまったりします。

こういう時は、本当に惨めな気分になります・・・。



a0090924_5244088.jpg

こんなになっちゃうと、惨めとかそんなこと言ってる場合ではありません。

命の危険すら感じます。

以前にも、道がいきなり陥没して深さ10mぐらいの穴が開き、タクシーがその穴に落ちて死者が出たことがありました。

イエメンで雨季の後は、道路の陥没に注意です。
[PR]

先日、サナア最大のスーパーマーケット「シュメイラ・ハーリー」で買い物をしていた時のこと。


a0090924_5141086.jpg

お菓子を買って、ジュースを買って・・・、

ん!?

なんか、見覚えのあるデザインの瓶だな。

なんだっけ、これ?



a0090924_5161982.jpg

!!!!!

スタバのフラペチーノだ!!

(ちなみに、イエメンにはまだ「スターバックス」の店はありません。)

ついにスタバもイエメン上陸か!?



・・・・・、ということは、アレはどうなるんだろう?

いや、アレと言えばアレですよ。

これまでサナアのオシャレカフェとして君臨してきた(?)、あのスタバですよ。



a0090924_5245432.jpg

「スターバニー・カフェ」

略して「スタバ」(笑)。

さすがに本家のスターバックスがイエメン市場に参入してきたら、このエセスタバの存在が本家にバレるのも時間の問題。

ということは、この店もそろそろ潮時なのでしょうか。



a0090924_527986.jpg

それにしても、このロゴ、似すぎ・・・。
[PR]
昨今何かと話題のイエメンですが、

先週ホデイダ方面(首都サナアの西側の紅海に面した地域です)へ出張に行っていた帰り道。

帰り道はずっと雨が降っていて、なんか憂鬱だなぁなんて思っていました。

そろそろサナアに差し掛かろうかという頃に、雨が小降りになり、

ふと空を見上げると、



a0090924_177158.jpg

なんと、こんなにきれいな虹が出ていました♪

おぉ!虹なんて見るの久しぶりだ!

しかも、イエメンの田舎の何もない風景の中で見る虹はまた格別。

ドライバーに車を止めてもらい、外に出て一人ですげぇ~と感動していると、

近くの小屋でカートを噛んでいたオヤジが、

「どうした?何を見ている?」

と言うので、「虹が出てるよ!」

と教えてあげたのですが、

「そうか。」と一言だけ言って、またカートを噛み始めました・・・。



a0090924_17232870.jpg

少し見ていると、なんと虹が二重に!!

虹を見たのも久しぶりだったのですが、二重の虹なんて過去に何度見たことがあるか。

感動もひとしおでした。

出張の最後にこんな景色が見れるなんて。

出張の疲れも一気に吹き飛ぶ、幸運なひと時でした♪



a0090924_17164141.jpg

[PR]
今日、今年に入って一番の雨がイエメンの首都サナアを襲いました。



a0090924_1465755.jpg

昼過ぎに突然降りだした大雨。

雨は途中で雹(ヒョウ)に変わり、ものすごい音で地面をたたきつけていました。

もちろんこんな雹が降る中、外には出れません。怪我をしてしまいます。

雹が止むまで、屋根のある建物の中で待機です。



待つこと約30分。

ようやく雹が止み、雨が小降りに降っている状態になりました。

外に出てみると、案の定、道という道が洪水状態になっていました。



a0090924_23467.jpg

みな、雹が降りだして大慌てでとりあえず駆け込んだ店の前で立ち往生です。

道はどこもかしこも、汚い泥水で溢れかえっています。

-------------------------------------------

世界遺産で有名なサナア旧市街方面へ行ってみました。

旧市街には、雨が降った後に水が流れ込むサイラ(どぶ川?)という場所があります。

雨が降らない時は、そこは普通に車の通る道路として使われているのですが、

雨が降ると、さてどうなるのでしょう?



a0090924_210132.jpg

・・・こうなります。

まさしく「どぶ川」です。

しかし、なぜかバイクのライダーはうれしそうです。

そうなんです!

雨が降ってどぶ川に水が溢れかえると、ここはイエメン人たちの格好の遊び場になります♪



a0090924_2201314.jpgいつもやんちゃな男の子たちも、


a0090924_2203689.jpgいつもはおしとやかな女の子も、


a0090924_221418.jpgそして大の大人に至るまで、みながみな思い思いに、どぶ川ではしゃいで水遊びをします。



この乾燥しきったサナアでは、雨は神の恵みです。

今年は4月に1回か2回だけ雨が降りましたが、その前に雨が降ったのは去年の9月か10月頃までさかのぼります。

つまり、ここサナアでは半年以上雨は降ってませんでした。

雨が降ると、みんな喜びます。

日本で良い天気というと、ピーカンに晴れた快晴のことですが、サナアで良い天気というのは、雨のことです(厳密には、雨が降った後の少しひんやり湿った天気です)。



a0090924_2371227.jpg

今日のサナア旧市街は、遅くまで騒がしいことでしょう。
[PR]