タグ:アラブ ( 11 ) タグの人気記事

a0090924_338171.gif
イエメン全土が真っ赤です!

上の地図、何かと言うと、外務省の海外安全ホームページに載っている危険情報の地図です。

3月7日、イエメン全土に「退避勧告」が出されました。

サナアにある日本大使館も、3月16日をもって一時的に閉鎖されたようです。

今現在イエメンに旅行に行く計画を立てておられる方々は、ご自分の身の安全のため、キャンセルしてくださいね。

今年初めにイエメンでデモが始まった頃は、

「イエメン人はみんな午後になるとカートを噛みに家に帰るから、エジプトとかチュニジアみたいに大きな民主化の波になんてならないよー。」

なんてみんな言っていたのですが、日を追うごとにどんどんデモに参加する人数が膨れ上がり、先日の衝突で50人以上の市民が殺されて、民主化デモが一気に勢いづきました。

イエメン政府軍の幹部がデモ隊側を支援すること発表し、国連大使や閣僚を含む有力政治家・部族長たちもサーレハ大統領に背を向け始めました。

おそらく、みなさんサーレハ大統領がもう持たないと考えて、革命後の自分の身を守るためにデモ側に寝返った、つまり自分の身かわいさの護身なのでしょう。

なんで、どこの国の独裁者も同じことを繰り返すのだろう。

他の国で起こっていることを見て学ばないのだろうか。

「自分だけは違う」と考えているのだろうか。

今後の結果がどうなるにせよ、もうこれ以上犠牲者を出さないように平和裏に解決してくれることを祈ってやみません。

a0090924_464527.jpg

[PR]
アラブ諸国が燃えています。

イエメンが燃えています。エジプトやチュニジアほどでは無さそうですが・・・。

イエメン人の友人に大丈夫かと聞くと、

「あー、昼前に外でデモやってても、お昼になるとみんなカートを噛みに家に戻るよ。」

というのんきな返事(笑)。

しかしさすがに焦ったのか、かのサーレハ大統領も次の大統領選(2013年!)には出馬しないことを明言し、息子のアハマドに大統領職を継ぐ気もさらさら無いことを明言しました(サーレハ大統領、白髪増えたな・・・)。

と言ってもサーレハさん、前の大統領選の前にも同じようなことを言ってた気が・・・。

a0090924_9593718.jpg
(イエメンの田舎の田舎のずーっと山奥の小さな村の人々)

前に書いた記事は、もう1年以上前。

これだけ放っておいて、自分でもその存在を忘れかけていたこのブログ(コラ)。

今日初めてお会いした人に、「昔あのブログ読んでました。」と言われて、はっ!と思い出しました。

彼女はこのブログを読んでイエメンに行き、ハッダ通りのスタバ(注:スターバックスではない)などの個人的に推している観光地を訪れてくれたようなのです。

そしてイエメンが燃えている今日この頃、約1年ぶりにログインすると、まだまだこのブログをチェックしてくれている人がいることが分かり、申し訳ないのと嬉しい気持ちで、とりあえずご挨拶をしておこうと思い、この記事を書いています。

まだ相変わらず中東にドップリ浸かっていますが、まだ生きています。

a0090924_1092529.jpg
(山道を走行中に転倒した大型トラックを、みんなで戻そうと奮闘中)

・・・でも最近は、毎日毎日どうなることかとテレビに釘付けで寝不足気味です。
[PR]

イエメンと言えば、日本はすっかり先週起きた「日本人誘拐事件」でもちきりなようです。

確かにイエメンでは、外国人誘拐事件が昔から頻繁に起きています。

日本人が誘拐されたのは、僕の覚えている限りでは今回を含めて2回。

アジア系では、今年韓国人が誘拐されたり襲われたりしたこともありました。

これまで一般的には、欧米系(いわゆる金髪白人系)の人種がターゲットになりやすいと言われてきましたが、アジア系をターゲットにした事件が起こっている現状を見ると、最近はそうでも無いようですね。

今後は日本人も気をつけていかなければならないですね。


a0090924_229446.jpg

でも、イエメンってやっぱり良い所なんですよね。

上の写真は友人の撮った写真なのですが、「砂漠の摩天楼」と呼ばれるハドラマウトのシバーム旧市街の写真です。

砂漠のど真ん中に、こんな高層建築の建物群が急に目の前に登場します。

ここは世界遺産にも登録されていて、この写真もですが旧市街の向かい側の高台から見た光景は本当に絶景です。

僕も何度か行ったことがありますが、初めて行った時は夕暮れから真っ暗になるまで高台の上に座って、旧市街の街灯りが点灯していく様子をずーっと見ていました。


a0090924_2292650.jpg

こちらはソコトラ島の写真。

ソコトラ島は、「インド洋のガラパゴス島」とも呼ばれるように、ここにしか育たない動物や植物がたくさんある場所です。

残念ながら、僕は実は行ったこと無いんですよね・・・。

4年もいてここに行っていないのは、未だに心残りです。

この島に行くためだけに、イエメンに里帰りしても良いかなと思っているぐらいです。

これからイエメンの発展がどのように進展していくか分かりませんが、是非こういう美しい場所へ観光客が安心して自由に行けるようになってくれれば良いなと願って止みません。
[PR]
a0090924_15187100.jpg

ハッダ地区にある、高級イエメン料理屋さん。

「アル・ファーヘル(Al-Fakher)」

伝統的イエメン料理が食べたければ、サナアには「シャイバニ・レストラン」などの有名な庶民派レストランがあるのですが、なんせメニューもなければ値段も分からない。

地元の人やここに長く住んでいる人ならば大体の相場は分かるのですが、旅行者には注文するのも難しければ、ボラれてるのかどうかも全く分からない。

それでもイエメンの伝統料理を食べたい!

そんな旅行者にお勧めなのが、この「アル・ファーヘル」レストランです。



a0090924_1524192.jpg

ここにはきちんとメニューもあり、値段も書いています。そして、清潔です。

ここの料理は他のレストランで食べるより少々お高い(量も少々少ない)ですが、メニューがあって味もまあまあ良いので、許せる範囲内でしょう。

しかもメニューには、「これはどこどこの名物料理」とかいう説明もあり、勉強にもなります。

ちなみにここのウェイターは、みなイエメンの民族衣装を着ており、雰囲気も抜群です。

現地在住外国人、もしくはイエメン人も含めた外国人のちょっとしたパーティーに使われているようです。



a0090924_15305118.jpg

結構何を食べても美味しいですが、僕のお勧めは「ゾルビアン・ラム」と「チキン・アクダ」です。

「ソルビアン・ラム(ラムのゾルビアン)」は南部アデンの名物料理で、カラフルなご飯の上に羊肉が乗っています。

「チキン・アクダ」は上写真左の石鍋に入っている料理なのですが、チキンとポテトを炒めた料理です。日本人の口に大変合います。


サナアの街中からは少し離れた外国人が多く住む地区にあるので、旅行者の人が来るには少しロケーションが悪いですが(在住外国人目当てなんでしょうね)、雰囲気も良くイエメンの伝統料理が楽しめる数少ないレストランです。

ここまで足を伸ばす価値はアリではないでしょうか。
[PR]
a0090924_543917.jpg

この写真は、イエメンとオマーンの国境近くにあるマハラ州の土漠で撮ったもの。

このテントには、いわゆるベドウィン(アラブの砂漠に住む遊牧民族)が住んでいます。

こんな何もないところでベドウィン生活・・・。

一体どんな毎日なんだろうと考えてしまいます。

しかも、こんなところにひょっこり来た日本人。

一体、どんな風に見られているんだろう。



a0090924_5113827.jpg

というわけで、一般マハラ人の民家。

ちなみにここはきちんとした家で、残念ながらベドウィン・テントではありません。

渋いおじいちゃんたちが、シャーイ(紅茶)で迎えてくれました。

僕がカメラを取り出すと、右のおじいちゃんは不思議そうにジーっとこちらを見ていました(汗)。



a0090924_5153687.jpg

そしてお昼。

もちろんこんなところにレストランがあるわけも無く、この家でお昼をご馳走になったのですが、

良くある、ご飯の上に羊肉のぶつ切りが乗ったお昼ご飯。


しかし、この肉・・・、


旨い!!!


この肉、感激するほど旨かったです♪

今までイエメンで、それこそ色んな土地で色んな家に招かれ、羊1頭屠って歓迎してくれたところもありました。

しかし、しかし、ここで食べたこの肉がイエメンで今まで食べたどの肉よりも美味しかったです!

やっぱり宮崎地鶏ならぬマハラ地羊は旨いです!味が全く違います!!

サナアで街中のゴミばっかり食べてる羊と違って、マハラの羊は極上品です!!!



a0090924_52237100.jpg

帰り道。

ふと空を見上げると、土漠の夕焼けに満月が出ていました。
[PR]
a0090924_23362491.jpg

先日、イエメンとオマーンの国境沿いにあるマハラ州という所へ行った。

国境までは足は伸ばせなかったのですが、州都のアル・ガイダ市とそこから数時間行ったところにある砂漠(土漠?)を見に行くことが出来た。

この辺りは、これが砂漠!っていう細かい砂がどこまでも広がっている光景ではなくて、いわゆる「土漠」と言われる岩がちな荒涼とした大地が広がります。

そして、ところどころに上の写真のようなオアシスがあり、椰子の木がこれでもかと茂っております。

そんなオアシスの光景にも心をつかまれたのですが、でも何と言っても砂漠の夕日が何よりも素晴らしかったです。



a0090924_23434562.jpg

周りに何もさえぎるもののない中で見る夕焼け。

こんな何もないところだから空気もきれいなのか、空もスカッと透明感があります。
[PR]
夜の6時45分に会場入りしてから5時間。

前座が終わり、大くじ引き大会が終わりました。

時間は、午前零時15分前。

もうアサーラは見れないのか・・・、

と思ったその時、またもあの司会者がステージに出てきました。



「さあ、出て来ていただきましょう。

アサーラ・ナスリー!!」




え!?
ついに見れるの!?
念願のアサーラが!?
(通称アサーラですが、本名は、アサーラ・ナスリーと言います。)

そして、日にちが替わるほんの少し前に、ようやくアサーラが出てきました!

アサーラは基本的にバラードの曲が多い歌手なのですが、そこはコンサート。かなりノリの良い曲を1曲目に持ってきました。コンサートの盛り上げ方を分かっていらっしゃる♪

もうイエメン人観客は大はしゃぎです。

なぜか僕も全く知らない人たちにまぎれて、立ち上がって踊らされていました。

ステージを見るとアサーラが・・・、



a0090924_5211175.jpg

って、はっきり言って何も見えません・・・。

でもアサーラの生歌声が聞こえているし、あのステージの上でアサーラは確実に歌っていました。

まあ、3,000リヤルの安い階段席だし、仕方ないよね・・・と僕は納得していたのですが、

しかし、イエメン人は違います。

「見えないなら見える所まで行ってやろう」、と言うのがイエメン魂(?)。

「泣かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」的感覚でしょうか。

かくして、日本では信じられないような光景が目の前で繰り広げられていました・・・。



a0090924_525393.jpg

なんと、階段席とグラウンドの間にあるフェンスをよじ登って、そしてそこからゆうに7~8mはあろうかというグラウンド側へ飛び降りて、アサーラの待つステージへ走って行くのです。

しかも、一人が成功すると、我も我もと次から次へと飛び降りて行きます。

「え?グラウンド側に警備員とかいないの?」

なんていう野暮な考えはやめましょう。ここはイエメンです。何でもありな所なのです。

しかし危ない。実際、フェンスからの飛び降り方が悪くて、血まみれになっている人もいました。

そこまでしてアサーラが見たいか、イエメン人よ!



もうすっかり友達になった、隣にいたイエメン人に、

「良くあんな危ないことするね。あんなの見たら、アサーラも落ち着いて歌ってられないんじゃないの?」

と言うと、

「いや、あんなに熱狂的に応援されたら、アサーラもとっても嬉しいと思うよ。またイエメンに来ようって思うんじゃないかな。」

という答えが・・・。

いやぁ、普通の感覚だと、血まみれの客が目の前で必死で声援送ってたら、アサーラは相当引くと思いますが・・・。



a0090924_5332955.jpg

しかし、観客はどんどんグラウンドへ降りていきます。

おかげで階段席の方は、なんだかガラガラになってきました。



そして、アサーラが歌い始めて、約1時間半が経った頃。

午前1時半頃だったでしょうか。急に、

ブチッ!

という大きな音がしたかと思うと、アサーラが歌っている途中で、スピーカーからの音が全く聞こえなくなりました。

え~?と思っていると、異変に気付いたアサーラは、とりあえずステージの裏へ撤退。

すると、あれほど熱狂的に声援を送っていたイエメン人たちは、何事も無かったかのようにスタジアムを後にして帰り始めました。

え?え~~~???終わり???

こんな終わり方、あり??

なんて不思議に思っているのはまるで僕だけかのように、黙々と家路を急ぐイエメン人たち。

いやいや、明らかに最後「ブチッ」とかいって、何かおかしかったんですが・・・。

呆然と立ち尽くす僕に、「もう終わりだよ。」と声を掛けるイエメン人。

「いやいや、今最後なんかおかしかったよね?大きな音が鳴って途中で・・・」

「何言ってんだ、この中国人。」という顔をして、無言で立ち去るイエメン人。

なんか狐につままれたような気分になった、中途半端な終わり方でした。



以上、アサーラのコンサート・レポでした。終わり。
[PR]
(前回までのあらすじ)

7時開場、7時半開演予定のアサーラのコンサート。

ちょっと早めに会場に着いておいた方が良いというアドバイスを受けたので、6時45分頃に意気揚々と会場へ着いたが、なんと門が開いて会場に入れたときにはすでに8時を過ぎ、その後も何のアナウンスもないまま、ついに時計の針は10時を差した。

夜の帳もすっかり下りて、これは一体・・・と思い始めたその時、

ステージのライトが・・・!

----------------------------------------------------------------------

夜の10時過ぎ、ようやくライトの点いたステージに出てきた司会者が喋っております。

「今日は皆さん、ご来場いただきありがとうございました・・・」

おぉ、ついにアサーラの歌が見れるっ♪、と期待も膨らみます。


そして、司会者が言いました。


「さあ、歌っていただきましょう!

イサーム・カリーカー!!」


・・・・・、えっ!?誰っ!?

はっ!そう言えば、このコンサート、前座がいたのだった!


a0090924_0543641.jpg
このアサーラの右後ろに、申し訳なさそうに小さく写っている彼、

彼がアサーラの前座のイサーム・カリーカーだったのでした。

時すでに10時過ぎ。

もうここまで押してるんだから、前座とかやらなくて良いんじゃないの?と思ったが、彼は彼でエジプトからわざわざこの前座のためにはるばるイエメンまで来ているので、やらないわけには行かないようで・・・。

しかし、このイサーム・カリーカーなる歌手、名前すら全く聞いたことがありません。

彼も、この会場のアサーラを待ち望んでいる観衆の空気を呼んで早めに終わってくれるかなぁ、なんて甘いことを考えていましたが、どうやら彼は「KY」だったようで、たっぷり1時間歌って気持ち良さそうに帰っていきました。


やっとカリーカーが歌い終わったのが、もう11時過ぎ

すでに僕が会場に着いて、4時間以上が経っています・・・。


そして11時15分。司会者が出てきました。

「イサーム・カリーカーさん、良かったですねぇ。皆さんの盛り上がりも最高でした。

さて、それでは・・・」

会場について4時間半。やっと念願のアサーラに会えるのか。

司会者が続けます。

「さて、それでは・・・」


・・・Part 4へ続く
[PR]
さて、アサーラのコンサートですが、

7時開場のはずが、1時間遅れの8時にようやく開場。

1時間も待たされてもうクタクタだよー、でももう開演予定時間(7時半)もとっくに過ぎてるから、もうすぐにでも始まるだろう、なんて思っておとなしく座っていました。

・・・・・

席に着いてから30分が過ぎ、1時間が過ぎても何も音沙汰がありません・・・。

もう夜の9時を回っています。

なんせ6時半にホテルを出てきたので、夕食を食べていません。

7時半からコンサートが始まるから、9時過ぎには終わるだろうから、それからゆっくりご飯でも食べに行こうなんて、僕は悠長なことを考えていたのです。

昼から何も食べていなかったので、もう腹ペコ。売店で何か買いたいなぁと思って売店の方をチラッと見ると、ものすごい行列・・・、というか行列なんて行儀の良いものは存在せず、売店の周りにうっじゃ~と人のかたまりがありました。

さすがの僕もあの中を分け入って行く勇気は無かったのであきらめようかと思ったその時、隣にいた見知らぬイエメン人君が、「今から売店へサンドイッチを買いに行くけど、君も何かいるかい?」と、うれしい一言。

「申し訳ないけど、僕にもサンドイッチとコーラを買って来てくれるとすごくうれしいんだけど。」と言うと、「分かった。」と言って買いに行ってくれました。ラッキー☆

しかし、さすがのイエメン人でも手こずったようで、なかなか帰ってこないなぁと思っていたら、15分ほどしてようやく帰ってきました。

サンドイッチとコーラを買ってきてくれたので、「ありがとう。」と言ってお金を渡そうとすると、「なんだ、これは?こんなものは要らない。」と言って一切お金を受け取ってくれませんでした。

あの人混みの中、見知らぬ僕のためにサンドイッチを買いに行ってくれた挙句、お金も受け取らないイエメン人。アデンでも、相変わらず人の良さ全開です♪



サンドイッチのおかげでお腹も落ち着き、ようやく9時半になった頃に、「ブチッ」とマイクの電源が入る音が聞こえました。

周りも、「おっ、ついに始まるか?」という雰囲気になってきました。

・・・・・

しかし、これがなかなか始まらない。

さらに時間は経ち、ついに10時になってしまいました!

開演予定時間は7時半だったから、すでに2時間半遅れています!

日本だったらみんなで猛抗議なんだろうけど、なんかここでは誰も騒ぐことなく、みんなノンビリ待っています。



なんで、みんなそんな悠長に待っていられるんだろう、と思い始めたその時!

a0090924_6531581.jpg

・・・Part 3へ続く
[PR]
「幸福のアラビア」、それはイエメンでした。今月初めのサッカー日本代表の試合で初めて国名を耳にしたという人も多いのではないでしょうか。私が初めてこの国へ来ることが決まったとき、友達に、

「どこで働くの?」と聞かれ、

「いえめん。」と答えると、

「え?どういう漢字?それって何県にあるの?」と素で聞いた女の子がいました・・・汗。(その後もオマーンだっけ?とかアフリカだっけ?とか聞かれること数知れず・・・)

昔、アラブは3種類の地域に分かれていて、「岩のアラビア」と呼ばれたシリア、ヨルダンあたりのアラブ、「砂のアラビア」と呼ばれたイラク南部より南のアラビア半島の砂漠の大部分、そして最後が「緑のアラビア」もしくは「幸福のアラビア」と呼ばれたアラビア半島南部地域、つまり現在のイエメンです。

「緑のアラビア?緑なんてあるの?」とビックリした方、どうぞ写真をご覧ください。緑あふれるイエメンの写真です。雨季の後はイエメンではご覧の通り水や緑があふれます。もちろん日本にももっと緑が深いところはあるし、スイスなんかに行けば格段に緑の多い森林を拝めることと思います。でも砂や岩ばかりのアラブ地域に住んでいる人が、この光景を見れば天国のように見えたことでしょう。

a0090924_8243399.jpg

a0090924_8251872.jpg

[PR]