タグ:ラマダン ( 4 ) タグの人気記事


a0090924_1264649.jpg

イエメン在住の日本人の友人から写真が届きました。

写真は、毎年恒例の「サイラの洪水」です。

「サイラ」というのは、サナア旧市街とタハリール広場の間にある道路であり水路のことです。

雨が降っていない時は道路として使われ、雨が降るとこのような川になります。

サイラの洪水は実際にこの目で何度か見ていますが(過去記事を参照)、この洪水はなんだか凄そうな感じです。


a0090924_1255743.jpg

この写真を見る限り、かなり水位が上の方まで上がっていて、もう少しで市街地の道路に溢れ出しそうな勢いです。

しかも、夜です。

小さな子供たち(・・・そしてはしゃぐ大人たちも)が流されていないことを祈ります・・・。

----------------------------------------------

イエメンを離れて、ちょうど1年が過ぎました。

!!رمضان كريم
Ramadhan Kareem!!
「楽しい断食月だね!」ってことです。

今年はイエメンとは一味違うラマダンを別のブログの方で報告したいと思いますので、乞うご期待☆
[PR]
Iftar(イフタール)--イスラム教徒がラマダン中、断食が明ける日没時に、一日の初めに口にする食事のことです。今のイエメンでは、大体6時ごろ。

日が落ちると、町中のモスクのミナレットからお祈りの声が流れてきます。これを合図に、まず空腹を癒すためにナツメヤシとサンボサ(インドのサモサをちょっと小さくして脂っこくしたような感じ)をつまみ、水を飲みます。これでひとまず空腹は落ち着き、その後、5分~10分ほどのお祈り。そして夕食へと突入します。

先日、イエメン人の友人宅へこのイフタールに誘われたので、行ってきました。

僕が友人の家に着いたのがちょうど6時ごろだったので、友人の親戚一同が車座になってナツメヤシとサンボサを食べているところでした。僕も一緒につまみました。そして彼らは別の部屋でお祈り。普通はみんなで一緒にお祈りするんだけど、客人の僕が部屋に独りぼっちになってしまうことに気を使って、彼らは2グループに分かれてお祈り。

お祈りが終わると、食事が運ばれてきました。

a0090924_5593490.jpg


イエメンは、レストランじゃなく家庭の料理が美味しい。レストランと比べてみると分かるが、味が全然違う。これはなぜか?それは家庭料理は女性が料理しているからです。女性が外で働くことが難しいイエメンでは、レストランで料理を作っているのはみんな男性。女性が料理を作っていることはありません。男性の料理がまずいと言っているのではなく、男性は家では一切料理を作ったりしませんから、やはり母から娘へ、母から嫁へと代々受け継がれる昔ながらの味、つまり本当の意味での伝統の「おふくろ料理」を食べれるのは、家以外に無いのです。

真ん中に2皿あるのが、ピラフにポテトと鳥の切り身が入っている料理。このピラフが薄い味付けで非常に美味。少しガーリックで味付けしてある感じ。その右横にある黒い石鍋に入っているのが、サヌアの伝統料理「サルタ」。ミンチ肉、野菜、米などなど色んなものをごちゃ混ぜにして煮込んだ郷土料理です。上にかかっている緑のものは、ジェルバと言って植物の根をすりつぶしたものです。少し苦味が効いていて、料理全体が引き締まります。あとはサラダやスープ、野菜炒めなど、どれもこれも美味しかったです。

最後にデザート。

a0090924_602413.jpgこれは伝統料理でも何でもありません。一番上にココナッツの削ったやつと桃の切り身が乗っていて、その下にプリン、そして一番下にケーキ生地がありました。お椀に入っていますがフルーツ・ケーキ・ココナッツ風味と言った感じでしょうか。なかなか美味しかったです。

食事の後にはミルクティーが出され、少し談笑した後、彼らはモスクへ夜のお祈りへ出かけて行きました。
[PR]
イスラム世界は現在ラマダン月です。この1ヶ月の間、ほとんどのイスラム教徒は日の出から日没まで断食します。そして日没時にやっと食事が始まります。この食事を「イフタール」と言い、まさに「Break Fast(断食をやめる)」です。そしてイフタール、夜のお祈りが終わって、夜8時、9時頃から夜中の2時、3時頃まで街中が賑わいます。

今日はイエメン人の友人を誘い、夜9時半頃から首都サヌアの繁華街ジャマール・ストリート(Jamal st.)へ散歩に行きました。友人が子供のために服をいろいろあさっていました。途中休憩もかねてカフェへ。イエメンでは有名なお菓子ハリーサを食べました。甘~いです。ナッツとか色々入ってます。横にあるのは、コーヒー豆の皮を使って作るギシル・コーヒー。ハリーサが甘いのでこちらのギシルは砂糖は入ってません。コーヒーと言うより紅茶みたいな感じです。

a0090924_821010.jpg

その後も人ごみの中をかき分けかき分け、結局夜中の12時頃までウロウロ歩き、友人と別れバスで家に帰りました。普段はバスも夜10時頃になるとあんまり走ってないのですが、ラマダン中は夜中でもバンバン走ってます。ほんと便利だ。

帰る間際に、道端の露店でとても楽しそうに味付けふかし芋を食べていたイエメン人たちをパチリ☆夜中でも人がいっぱいいて、夜の散歩が楽しいサヌアの町でした。

a0090924_8213338.jpg

[PR]
また停電。

昨日の夜6時ごろ、パソコンをいじってるときに停電になった。7時頃から出かける予定があったので、別に気にせずろうそくに火を灯し、もうちょっとパソコンをいじってから出かけた。

夜中の1時頃、家に帰ってくるとまだ停電中。とりあえずろうそくを灯し、シャワーだけ浴びてすぐに寝た。

今日はイエメンの革命記念日のため祝日。朝9時頃にゆっくり起きだし、シャワーを浴びようとすると、水が冷たい・・・。イエメンでは風呂場ごとにお湯を沸かす機械があって(ワイン樽ぐらいの大きさ)、そこにたまっているお湯でシャワーを浴びる。しかし停電中は機械がお湯を沸かせないため、どんどんお湯が冷えて水になっていく。昨晩からずっと停電だったため、昨日の夜に浴びたシャワーで、その樽に入っていたお湯を使い切ってしまったらしい。

しかしさすがのイエメンでも、そんなに長い間停電していることなんて滅多に無い。そこで外に出て門番に聞いてみると、周りは普通に電気がついているらしい。あれ?僕の部屋だけ!?早速大家を電話でたたき起こし(現在ラマダン中なので大体みんな11時ぐらいまで寝ている)、なんとかしてもらうよう要請。「10時過ぎにエンジニアをそっちに遣らせるから」ということになり、本を読みながらエンジニアを待つ。ちなみに今読んでる本は、「ベイルートからエルサレムへ(From Beirut to Jerusalem)」 by Thomas Friedman。89年に書かれた本で少し古いんだけど、New York Times誌の有名記者の本だったので、興味深く読んでます。こっちに着てから結構本を読んでるんだけど、やっぱり日本語で本を読むとスピードが全然違います(笑)。ここに来る前はアメリカの大学院に行ってたので、来る日も来る日も眠い目をこすりつつ英語の本の山と格闘していました。つらかった・・・。

10時が過ぎ、10時半になり、11時。誰も来ない・・・。もうかれこれ17時間以上の停電。冷凍庫のアイスクリームも、かな~りやわらかくなった頃、待ってられなくなりまた大家に電話。出ない。もう一度かける。また出ない。出て行って大家の住んでる部屋のベルを鳴らす。反応なし・・・。もう一度ベルを押してみる。出てこない。ムカッ。

一度部屋に戻り、どうしようかと思っていると、大家が来た。状況を説明すると、彼は部屋に電気を送るスイッチのある所へ。スイッチはちゃんと「on」になっている。一度「off」に戻して、再度「on」に。

ピカッ!
a0090924_8181389.jpg

あっ!点いた!どうやら原因は接触不良だったらしい。っつーかそんなに簡単なことだったの!?今まで何時間も待ち続けて損したな。ま、本を結構読み進めたので良しとするか。
[PR]